本会が保険者と共に取り組むべき事業を明確にし、具体的・計画的に行動するためのアクションプランを平成30年8月(令和2年8月改訂)に策定しました。

保険者と歩む事業推進アクションプランの概要

鳥取県国民健康保険団体連合会が、今後概ね6年間(平成30年度~令和5年度)重点的に取組む4つの柱を明確にし、具体的な取組方針及び行動計画を示すため策定する。
 ※ 新たな課題に対応するため、毎年PDCAサイクルを回し深化させていく。

<重点的に取組む4つの柱>

Ⅰ 健康づくりの拡充・強化の取組
  • 健康寿命延伸、医療費適正化に向けて、県・保険者・国保連合会、医療機関・大学等が連携したハイブリッド型の施策の展開、ビッグデータの活用や時宜を得た情報提供等により健康づくりを推進
Ⅱ 保険者共通事務の共同化の推進
  • 保険者事務の負担軽減や効率化に向けて、保険者共通事務の共同処理を推進
  • 国保の広域的な事務処理化を見据えた検討
Ⅲ 審査業務の充実・高度化への対応
  • 厚生労働省・支払基金・国保中央会の検討状況に注視しながら、審査の充実、審査基準の差異解消等を推進
  • レセプト二次点検の共同実施等を検討
Ⅳ 効率的な事業運営と組織体制の見直し
  • 広報活動を強化
  • 業務の効率化(改善)の取組みを推進
  • 審査業務改革等を踏まえた組織体制の整備、本県の実情も踏まえたシステム整備の在り方を検討
  • 災害時(感染症拡大防止含む)の業務継続体制の確保
  • 人材の育成・確保
  • 高度化・効率化に対応した財政運営
保険者と密に連携しながら、予防・健康づくりの推進、保険者業務効率化、審査業務の充実・高度化に向けて戦略的に取組む。

保険者と歩む事業推進アクションプラン(令和2年8月改訂版)
~健康寿命延伸、保険者業務効率化、審査業務の充実・高度化に向けて~(1.25MB)


令和2年度改訂のポイント

 健康寿命延伸、保険者業務効率化及び審査業務の充実・高度化を推進するために、以下の新たな取組などを追記・修正します。
  • 健康寿命延伸、医療費適正化に向けた健康づくりを推進するため、以下の取組をする。
    • 医療・健診・介護・KDBデータ・がん検診データなどのビッグデータを利活用した「健康・医療データ分析センター」を設置し、保険者の抱える健康課題に対し幅広い角度からエビデンスに基づいた分析を行い、効果的な健康づくりを展開していく。
    • 疾病の重症化予防やフレイル対策等の「高齢者の保健事業と介護予防の一体的実施」を行うための支援を行うなど市町村と一緒に住民へのヘルスサポート事業を推進していく。
  • がん検診の支払代行、結核・精神レセプトの抽出、二次点検などの業務を総合的に受託し、保険者共通事務の拡充・ダウンサイジングを推進する。また、審査業務の一層の充実・高度化を推進する。
  • 新型コロナウイルス感染症を契機に、「感染症の拡大防止に係る業務継続計画(BCP)」を策定し、災害時と併せた取組を行う。
  • その他進捗状況等を踏まえた改訂をする。